羽田空港国際線ターミナル2019年09月01日 22時59分

Yがアメリカ(ロサンゼルス)に研修旅行に出かけるので
お見送り🗺🗺。

成田空港発だと思っていたら、羽田空港発✈️。
わが家に近くて超便利。

これまで私の海外出張も、すべて成田空港からだった
ので、羽田空港の国際ターミナルは一度も足を運んだことが
ありません。

施設はテーマパークのように整備されていることで話題に
なっています。
ざっと見て回ったので写真付きで紹介します。

ターミナル4階は和と江戸がテーマとなっている空間です。

4階 江戸小路 マップ
(図の出典:羽田空港国際線旅客ターミナルマップ)




4階 江戸舞台

4階 はねだ日本橋


5階 TOKYO POP TOWN マップ
(図の出典:羽田空港国際線旅客ターミナルマップ)

搭乗予定のデルタ航空DL006は3時間遅れになるとか。
とりあえずセキュリティチェックは予定通り済ませて、あとは
免税店のあるエリアで自由時間だそうで、検査場入り口に
入っていきました。
いってらっしゃ〜〜い🛫🛫🛫

みやぎ高校生サイクルサミット(報道)2019年08月26日 20時04分

ある自治体との打ち合わせ用の資料をパワーポイントで
作成しています。

事故データや国の取り組みなどは、できるだけ最新の
ものを使うようにしているので、あちこち調べていると
結構時間がかかります。
せっかくならパワポの見栄えも良くしたいし・・📊📈📉
できれば打ち合わせ前に資料をお送りしたいと思って
いるのですが、いつもギリギリになってしまいます。

8月5日の記事が「日刊警察」に掲載されていました。

アンバーアラート(AMBER Alert)2019年08月23日 09時14分

フロリダ州にいるMachanのツイートで、アメリカの
アンバーアラートについて初めて知りました。

AMBER Alert とは、子ども(未成年者)が誘拐や
行方不明になったときに、携帯やスマホに届く
大きな音の警報(アラーム)だそうです。
緊急速報の名前が見覚えのないAMBERなので、
テロ? 災害?と焦ってしまう日本人も多いようです。

アンバーアラートのネーミングは実際に発生した
誘拐事件の被害者の名前(Amberちゃん)に由来して
いるとのことです。また
America’s Missing: Broadcast Emergency Response
の略でもあるとのことです。

出典:AMBER Alert

資料を読んでわかったこと
*児童誘拐事件の多くは、犯行後児童が殺害されるため、
  誘拐が発生したら地域住民に速やかに警報を発令する
*発令には州や自治体が細かいガイドラインを定めている
*アラートが発令されるとメディアも情報を流す
*携帯の画面には、発生場所、容疑者の情報、車の車種、
  色、ナンバープレートなどが表示される

昨年ニューヨークに行ってた間、このような警報は受けとら
なかったため、知りませんでした。

ダラス(息子へ)2019年08月20日 08時32分

アメリカフロリダ州のオーランドに向かっているMachan
家族がとりあえず乗り継ぎのダラス フォートワース空港に
着いたらしい。
先ほどLINEがありました。🛩🛩

なつかしい・・・

コンベンション都市の視察で、3週間かけてアメリカ縦断
したのはもう30年以上も前なので、ずいぶん変わったこと
でしょう。

(訂正:アメリカ「縦断」ではなく「横断」ですね。
 主な視察都市は、サンフランシスコ→ボルチモア→
 ニューヨーク→シカゴ→ダラス・フォートワース→
 サンアントニオ→サンフランシスコ
 だったかしら?)

以下、LINEでは伝えきれないので、当時の写真(情報)を
載せますね。乗り継ぎの合間にでも見てください。
当時の空港(これは絵はがき)
ダラスとフォートワースはレンタカーで回りました。
水と緑を活用した施設がたくさんあり、良い街でした。
フォートワースには西部劇をテーマパークにした街並みが
あって、警察官が馬に乗って巡回してました。
(今はどうなっているのか知りません。)
ウォーターガーデンは市民の憩いの場になっているよう
でした。

では引き続き気をつけて良い旅を✈️✈️

2019みやぎ高校生サイクルサミット2019年08月10日 16時17分

去る8月5日、東北工業大学八木山キャンパスにて
2019みやぎ高校生サイクルサミットが開催されました。

仙台駅で下車すると、吹き抜けコンコースの天井から
色とりどりの七夕飾りが吊り下げられていました。
「仙台七夕まつり」です。豪華絢爛な眺め。
仙台の七夕まつりは毎年8月6日〜8月8日に開催される
とのこと。(出典:仙台市HP仙台七夕まつり
そう言えば、子どもの頃、家族揃って平塚の七夕祭りによく
出かけたものです。
ふるさとの七夕は7月7日ですので、平塚の七夕まつりも
7月に開催されています。
公式には「湘南ひらつか七夕まつり」と呼んでいるようです。
平塚駅の発車メロディは「たなばたさま」(ささのはさらさら)
なんですよ。

仙台では地下鉄もSuicaが使えるので便利。
(那覇市のモノレールはSuicaが使えなかった。)

サイクルサミットは宮城県警察本部交通部の主催です。
はじめに宮城県警察本部交通部参事官兼交通企画課長の
森 克夫様より挨拶がありました。
「このサイクルサミットは2008年(平成20年)にスタートし
今回で12回目となります。」

シンポジウム
「ブラザーシップによる交通安全活動の取組」
出演者はパワポの通り。

シンポジウムで話題提供と問題解決に向けてのヒントが
示され、その後、高校生によるグループ・ディスカッションが
行われました。
テーマは「小中高連携による交通安全活動の取組
  〜高校生にできることとは〜」

グループごとにファシリテーターの進行により
自由に討議。
教室後ろの席に着席していた引率教員や見学者たちも、
討議の様子を自由に見学しています。
討議の結果を発表する高校生。
司会は東北工業大学の小川和久教授です。
高校生から出された意見
*交通安全マップ(試作品)を作成したら、周知して、そこに
 皆が自分が感じた危険を書き込んで、情報を共有することが
 大事だと思った。
*危険な行為をしたときに「レッドカード」を渡すのも効果が
 あるかもしれないが、当たり前のことをしていても何も
 褒められたりしない。
 ルールを守る、危険なことをしないなど、当たり前のこと
 なんだけど、レッドカードではない何か(シール?)がもらえ
 たりすると、励みになって嬉しい。
*危ない行為や場面の動画を撮って、YouTubeに上げて
 地域の人に公表するのはどうか。

なお「ブラザーシップ」とは、宮城県利府町(りふちょう)が
取り組んでいる「小・中・高・特別支援」学校の連携による
異年齢の集団活動のことです。
町の中に、小学校(6校)、中学校(3校)、高校(1校)、
特別支援学校(1校)が地域的にバランスよく配置されていて、
「町は1つの学校」という理念のもと、活動しています。
町のホームページ(教育委員会)の解説(下記)
利府町は「十符(とふ)の里」を語源としており、
「十符っ子」=とふの子ども=利府町の子どものことです。

追記:
「おくのほそ道」(奥の細道:松尾芭蕉)に
「かの画図にまかせてたどり行かば、おくの細道の山際に
十符(とふ)の菅(すげ)有。今も年々十符の菅薦(すがごも)を
調て国守に献ずと云り」
とあり、これが「おくの細道」の書名の由来となったと
言われています(出典:岩切歴史探訪会)。

菅薦は菅を乾燥させて編み上げた敷物(ムシロ)のことで、
網目が十筋(符は網目)あることから十符と呼ばれました。
良質で都にもしばしば献上されました。
十府は平安時代から多くの和歌に読まれています。

「みちのくの 十符の菅薦
  七符には 君を寝させて
    三符に我が寝む」  『夫木和歌抄』

(教育委員会資料では
「みちのくの十符の菅薦 七符には君をねさせて
   われ三府にねむ」となっています。)

いや〜。随分と歴史のあるまちです。
まちの成り立ちや歴史を知ると、まちへの愛着が湧き、
それが誇り(地域の安心や安全)につながっていくのだと
私は思っています。

地震2019年08月04日 21時15分

本日19時23分ごろ、宮城県と福島県で最大震度5弱の地震が
発生しました。
仙台市は震度4だったようです。

明日は仙台市内(東北工業大学八木山キャンパス)で高校生
サイクルサミットが開催されることになっているのですが、
今のところ地震によるキャンセル等の連絡はありません。

明朝7時半ごろまでメールを確認して、支障がないようで
あれば、8時前には家を出るつもりです。

東北工業大学2019年07月30日 22時44分

今度の月曜日(8月5日)、みやぎ高校生サイクルサミットが
東北工業大学八木山キャンパスにて開催されます。

現地集合なので下調べしました。

仙台駅から地下鉄東西線に乗車。
終点の八木山動物公園下車。徒歩約10分。
大学のホームページにあった地図。すごく分かりやすい。


参考:下記
 昨年度の取り組み(「日刊警察ニュース」より)。
今年度は異なるメニューで実施されますが、過去の取り組み
内容について事前学習していくのは、研究者として必須です。

記事出典:日刊警察ニュース2018年8月21日
18'みやぎ高校生サイクルサミット

テレワークと研究会2019年07月26日 11時55分

IATSS(国際交通安全学会)事務局(八重洲)では、ただいま
(2019年7月22日⦅月⦆〜8月2日⦅金⦆)、テレワークによる
在宅勤務を実施中です。

テレワークとは情報通信技術 ICT
(Information and Communication Technology)を活用し、
場所や時間の制約を受けない柔軟な働き方のことで、
「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語です。
(出典:一般社団法人 日本テレワーク協会)
 https://japan-telework.or.jp/

働く場所によって
「在宅勤務」(自宅利用型テレワーク)、
「モバイルワーク」、
「サテライトオフィス勤務」(施設利用型テレワーク)
の3つに分けられます。(下図参照)

図の出典:(一社)日本テレワーク協会

ということで、IATSSも7月22日〜8月2日の間、オフィスは不在、
固定電話は留守番電話の設定となっているのですが、昨日は
もともと予定されていた研究会が開催されました。
各委員の日程調整をしながら2ヵ月前から決まっていた研究会
ですので、予定通りの開催です(1906Bプロジェクト)。
プロジェクト担当の事務局の方も、せっかくの在宅勤務でしたのに
出勤、資料の準備等、お疲れ様でした。

参考までに、総務省が公表している「テレワーク・デイズ2019」
実施方針です。(ほぼ自分用のメモですが)

選挙割2019年07月21日 12時55分

参議院議員選挙の投票にいってきました。

投票が終わったら、出口付近にいる係員に「投票済証ください」
というと、このような証明書をもらえます。

この「投票済証」は自己申請しないともらえません。

「投票済証」が用意されていない投票所や、もらい忘れた場合は、
投票所の看板前での自撮り写真も投票した証明になります。

この証明書を提示すると、「選挙割」(選挙割引)という割引
制度の対象になるのです。
使えるお店や期間は限定されているものの、参加するお店は
徐々に増えてきているようです。
そもそもが、特に若者世代の投票率アップを狙って始まった
取り組みでもあり、ご存じない方も多いのではないでしょうか。

一つの例として、一風堂さんでは、ホームページにて

2019年 参議院議員通常選挙に伴う「選挙割」実施のおしらせ

として、以下のような記載をしています(原文のまま引用)。

いつも一風堂をご利用いただき、誠にありがとうございます。
7月21日(日)に投開票される第25回参議院議員通常選挙
(以下参院選)にあわせ、7月21日(日)~7月31日(水)の
期間限定で日本国内の「一風堂」93店舗において「選挙割」を
実施します。キャンペーン実施期間中、参院選の投票済証明
書をご提示いただいたお客様を対象に、「替玉一玉」もしくは
「半熟塩玉子一個」のいずれかを無料でサービスいたします。


「選挙割」とは、選挙の際に投票所で受け取ることのできる「投票
済証明書」を提示することで、割引や特典などのサービスを受けら
れるというもので、近年、投票率の向上をめざした取り組みとして
飲食店等を中心に広がりを見せ、社会的にも注目を集めているサ
ービスです。
一風堂では、投票率の向上や若者の積極的な社会参加を願う一
環で2016年7月に行われた第24回参議院議員通常選挙、2017年
10月第48回衆議院議員総選挙に引き続き今回3度目の実施となり
ます。(以下略します)

企業のこのような、地味ではあるが社会的に意義ある活動は
大いに評価できるものであると私は考えています。

「京都アニメーション」放火事件2019年07月19日 19時27分

京都にあるアニメ制作会社「京都アニメーション」が放火された
事件には衝撃を受けました。

猛火で亡くなった方が33名にもなり、負傷者も多数出ています。

玄関から侵入した男がガソリンをまき、火をつけたのです。
なんということでしょう。

あまりにも理不尽で、あまりにも悲惨で、言葉もありません。

建物は鉄骨コンクリートの構造物で、消火器や非常警報設備は
法令通り設置されていたということです。
玄関の近くにらせん階段があり、炎上した火と煙が階段を伝って
またたく間に建物内に充満したのでしょうか。

「京都アニメーション」は、質の高い作品を生み出し、世界的にも
高評価を受けてきました。
地方に本社がある、極めて貴重な制作会社でもあります。

今はただ、犠牲になられました方々のご冥福を
心よりお祈りするばかりです。