タクシードライバーWS(仙台市)2018年05月28日 22時35分

東南アジアにおける情報共有型交通安全対策スキームの
実施支援
の研究の一環として、タクシードライバーの皆さん
による「ヒヤリ多発箇所収集のWS(ワークショップ)」を見学
させていただきました。

会場は仙台市内にある「R45・日の出自動車学校」。
仙台駅から仙石線に乗り換え、小鶴新田(こづるしんでん)
下車。徒歩8分ぐらいのところにある自動車学校です。
協力してくださるタクシー会社は「センバタクシー」さんです。

センバタクシー代表取締役の近 英道さんがドライバーの
安全教育に熱心な方で、同社では独自の「センバタクシー
オリジナルヒヤリハットマップ」を作っています。

近社長によると、職業ドライバーは毎日仕事で道を走り、
現場をよく知っている。だから、ドライバーが自ら参加して
ヒヤリマップをつくり、その情報をみなで共有すれば、
交通事故を減らすことにつながるのではないか。
そう考え年2回ほど、このように自動車学校の教室を借りて、
受け身の研修を行うのではなく、参加型のマップづくりを
するようになったとのことです。

このような取り組みを自発的に実施している企業は、全国的
にも珍しいのではないでしょうか。
この方が近 英道社長。
(ワークショップの最後に挨拶されたときの写真です。)

本日はまずWSのはじめに、見学者として私たち3名が参加
しますと、主催者が紹介してくださいました。
(見学者は研究メンバーの小川和久東北工業大学教授、私、
事務局の佐々さんです。)
本日参加のタクシードライバーの皆さんは30名ほどです。


日の出自動車学校副管理者の奥山祐輔さん(交通心理士)が
WSの趣旨、危険箇所の定義などを説明。
奥山さんのパワーポイントは簡潔な説明文とイラストで
大変分かりやすい内容です。


奥山さんがワークシートへの記入の仕方を説明し、参加者は
いくつかのグループに分かれ、地図上に自分のヒヤリ体験
発生箇所をマークしていきます。

作業時間は30分ほど。
その後、奥山さんが「ここは重要」と思われる地点を数箇所
選定し、そこでヒヤリ体験をしたドライバーの方が具体的な
状況について解説します。
奥山さんがただちに該当箇所のストリートビューを映し出して
くださるので、非常に分かりやすい。
コメントも的確です。

参加者の皆さんも職業柄さすが道に詳しく、交差点名や
ビルの名称が即座に出てきます。
「ああ〜。あそこは信号が見にくいんだよ」
「車線数が急に減るから、まごつくドライバーが結構いる」
など、会場からも積極的な発言がたくさん出ました。

路面標示や標識、信号、道路の形状に起因するヒヤリについて
奥山さんが小川先生や私に急にコメントを求め、びっくり
しながらも解説させていただく一幕もありました。

本日のWSの成果を、マレーシアのRapid Penang(バス会社)
のヒヤリ体験データの収集にどう活かしていくかが、
これからの検討課題となります。

コメント(書き込み)紹介2018年05月25日 23時45分

私のブログはコメントがすぐに公開されないような設定に
なっています。
理由は、ある時期から外国語(英文)の迷惑メールが増え、
そのたびに削除していたのですが、対応しきれなくなり、
すぐに反映できない設定に変えたのです。

さて5月11日に「やいこ」さんという方から長文の書き込みが
ありました。

次のような内容で、長いので要約して紹介します。

やいこさんの娘さんが四年生の春休みの終わり頃、
いつも学校の見守り隊を積極的にしている老人に
スーパーの死角で抱きつかれました。
警察に連絡したところ、事件化したら娘さんは
これからかなりの試練となりますよと言われ、
事件化を断念しました。
次の日、その老人に直接確認すると、なぜかやいこさん
の苗字まで知っていて、ずっとやいこさんたちの生活を
追っていたと。さらに満面の笑顔で、可愛いらしいお嬢さん
ですね。こんな礼儀正しいお嬢さんはなかなか居なくて
毎日会えたら嬉しくてと言われたとのこと。
いえ、犯罪ですから、今から学校へ行き、シルバーをやめ、
自ら出頭しなさい、と伝えますと、お前の娘から抱きついて
来たんや!と怒鳴り散らして反論しました。
やいこさんが「防犯カメラも指紋もありますよ」と伝えると
老人は犯行を認めました。
その後、シルバー派遣センターを辞めさせられたのにも
関わらず、その老人が似たような服で通学路に立ち、幼女を
触っているのを何度も目撃しました。
老人いわく、子どもは少しずつ触れば抵抗がなくなり、親も
仲良くして安心させていたらイタズラもできる。
この7年ほど、可愛い抵抗しない幼女を探し、2つに渡る
小学校区内で執拗に獲物を探しています。
特に下校時間に絞っています。
ボランティアだから、高齢者だからと安心しないでください。
ボランティアの皮を被った悪魔はいます。
やたらとボディタッチが多い、積極的に話しかけてきすぎる
人は要注意です。まさかあの人が、という人も犯罪を犯す
ことがあります。
どうか、地域の皆様、まともな方こそ、外に出て地域を見て
回ってください。

という内容でした。
貴重な書き込み、ありがとうございました。

全標協総会2018年05月24日 23時25分

全標協の第55回通常総会が、半蔵門会館にて開催されました。

公務ご多忙のところ警察庁からは桝田好一交通局長が、
国土交通省からは石川雄一道路局長が来賓としてご出席
くださり、祝辞を賜わることができました。

総会後の意見交換会は、今回初めて全標協政治連盟の
主催で行われました。
全標協は2年前に政治連盟を発足させ、陳情や要望活動を
重ねてきました。
すると先ごろ二階俊博自民党幹事長が道路標識等議員懇談会
を立ち上げ、会長も引き受けてくださることになりました。
(「第3回議員懇談会」として開催
 「トラフィックサポーター」5月号で報告)

本日の意見交換会にも二階俊博自民党幹事長、竹下亘総務会長
を筆頭に議員懇談会の先生方が大勢いらしてくださいました。

中締めの挨拶は、ご指名に預かり、僭越ながら私がさせて
いただきました。

会長をはじめ全国の支部長、協会長の皆様。お疲れさまでした。
ご参集くださった皆様、ありがとうございました。
準備その他でお骨折りくださった事務局の皆様方にも
心より御礼申し上げます。

議員懇談会:「トラフィックサポーター」2018 年5月号より
ホテルニューオータニから眺めた屋上庭園(4月19日撮影)

災害時救援対応機(徳島空港)2018年05月19日 20時36分

全標協の各支部の通常総会シーズンです。
日にちが重なるため、会長、副会長らで分担して出席して
います。

私は先週の関西支部に続き、今週(5月18日)は四国協会
(協会長:東 久雄様)の総会に出席しました。
支部の総会では本部を代表しての挨拶と、優良技能者表彰の
伝達をさせていただきます。

四国は4県が毎年持ち回りで総会を開催していて、今年の
開催県は徳島県でした。

来賓には徳島県と、国交省四国地方整備局の方もいらして
ご挨拶を賜わりました。
そのあと、四国地整技術調整管理官の山田敬二様から
「国土交通行政の最近の動向と四国地方整備局の取り組みに
ついて」と題した講演がありました。

徳島に1泊して帰京。
徳島阿波おどり空港に「災害時救援対応機」自販機が設置
されていたので写しました。

これは災害時に、飲料水の自販機に入っているお茶などが
無料で提供される機械です。
災害時には、自販機上部の電光掲示板に災害情報が流されます。

遠隔操作で無料に切り替わるものと、管理者が専用のキーで
開ける手動のものとがあるようです。
こういう自販機がどこに設置されているのか、知っておくと
いざというとき役に立つのではないでしょうか。

ビオトピア2018年05月12日 21時15分

昨日(5月11日)、全標協関西支部(支部長:平野好昭様)
の通常総会に本部を代表して出席しました。
会場は大阪市内の「ホテルプリムローズ大阪」です。
平野支部長様。お世話になりました。

大阪府協会長の村瀬孝雄様。
「2025年大阪万博」誘致の素敵なピンバッジをありがとう
ございました。
新大阪駅近くのホテルに泊まり、本日は「大井町防災
まちづくりの会」の総会に出席しました。

新大阪からの新幹線を小田原で下車し、小田急に乗り換え
新松田で下車。
神奈川大学の荏本孝久教授とも合流し、まちづくりの会の
平野雅久会長たちの出迎えを受けました。
総会(13:00〜)前に、この4月28日にオープンしたばかりの
「ビオトピア 未病バレー」(BIOTOPIA me-byo valley)
を見学させていただきました。

BIOTOPIAとは、「BIO」(いのち輝く社会の実現)と
「UTOPIA」(未病改善の取り組みを実現する理想的な里」
を表わしています。
me-byo valley(未病〔みびょう〕バレー)とは、病気の手前
で改善するための集積・創造・発信の場という意味を込めて
いるようです。
ビオトピアのホームページはこちら
ビオトピア遠景(写真出典はビオトピアホームページ

神奈川県の県西地域を「未病の戦略的エリア」にするための
拠点施設という位置づけのようです。
ということで神奈川県、(株)ブルックスホールディングス、
大井町が施設の主体となっています。
地元の特産品や農産物を売る「マルシェ」
でもなぜか北海道の特産品(今どき珍しい上げ底土産)や、
静岡県産のものが並んでいます。
(以前来たときは、ここでブルックスのコーヒーが無料で
 飲めました。)
神奈川県のme-byo エクスプラザ。
子どもが喜びそうな体験施設が並んでいます。

ところが、お食事処はメインがしゃぶしゃぶで、子どもの
メニューが全くない。
子どもと休憩して何か食べるスペースもありません。
まだ開発途中とはいえ、コンセプトが中途半端な施設です。
場所は旧第一生命ビルがあったところ。
東名高速道路からもよく見えるビルです。
位置図:神奈川県の記者発表資料より

大井町防災まちづくりの会の総会は、滞りなく終了し、
スナックに移動して懇親会をしました。

防災まちづくりの会には小田高7組の風間さんと瀬戸さんも
加わっています。
活断層地震と富士山の噴火に備え、地元で地道に活動を続けて
きたクラスメイトに、誇りと敬意を抱かずにはいられません。
彼らと久しぶりに再会し、飲んでおしゃべりして、楽しい
ひとときを過ごすことができました。

星のカービィ2018年04月28日 22時47分

4月27日は「星のカービィ」が生まれた日です。

任天堂より1992年4月27日に1作目のゲームが発売されたのです。

わが家のチハもカービィが大好き。
お誕生日なので、カービィグッズが机の上に勢揃い。

ゴールデンウィーク中に、上野のヤマシロヤで関連グッズが
販売されるので、どうしても行きたいようです。
母親のKが本日から台湾に行ってしまったので、私がチハと
上野にいくことになりました。

ヤマシロヤは海外からのお客様でにぎわっていました。
店内は撮影自由。
エレベーターのドアのイラストにもカービィがいます。
限定新商品も買えて、大満足のチハでした♥

防災情報研究所の総会2018年04月25日 00時06分

(2018年4月24日)特定非営利活動法人 防災情報研究所の
理事会、通常総会が砂防会館別館にて開催されました。

内閣府のNPO法人ポータルサイトにも掲載されているように
この法人は主に土砂災害の防止、軽減に寄与することを目的
として設立されました。

総会にて、私は引き続き理事に再任されました。

代表の奥野信宏先生(国土審議会会長)は、現在、名古屋
都市センター長もされています。

総会後の意見交換会を楽しみにしていたのですが、私は
あいにくIATSSの「東南アジアプロジェクト」の研究会
(マレーシアチームとタイチームの合同研究会)と重なって
しまい、参加できなかったことは誠に残念でした。

情報共有型交通安全対策2018年04月20日 22時31分

嬉しいことに、私は本年度、IATSS(国際交通安全学会)で
3つの研究調査プロジェクトに携われることになりました。
少しでも自分の持っている知見を社会に還元していければ
幸いです。

その1つが「東南アジアにおける情報共有型交通安全対策
スキームの実施支援」です。
マレーシアとタイで展開しており、私はマレーシアチームです。
本日はマレーシアチームの研究会がありました。

このプロジェクトはもともと鎌ヶ谷市における「市民参加型
交通安全対策支援システム」がベースになっています。
赤羽弘和教授(千葉工大)、高田邦道教授(日大)たちと
一緒に、約10年間かけて携わり、それなりに成果を上げる
ことができたプロジェクトです。

鎌ヶ谷市で始めたころのシステムの全体構成は下図のような
ものでした。
図の出典:「自治体における市民参加型交通安全対策支援
 システムの研究報告書」国際交通安全学会 平成16年2月

鎌ヶ谷市のプロジェクトの目的は、
1 交通事故・ヒヤリ体験データに基づく安全対策のPDCA
  サイクルの確立
2 情報共有による市民参加、啓発活動の推進
でした。
下の図はそのスキームを示したものです。
図の出典:平成29年度内部報告会発表資料

ちなみに鎌ヶ谷市での取り組みは、パンフレットの作成や、
特許の出願、国交省の「新道路技術会議優秀技術研究開発賞」
の受賞などの成果を残しました。
国交省の生活道路安全対策のモデルにもなりました。
下図は私の作成した過去のパワーポイントから。

東南アジアプロジェクトでは、予算の関係もあり、私は現地に
行けてませんが、ヒヤリ体験データの収集は順調にはかどって
いるようです。
マレーシアにおける交通安全キャンペーンの様子

札幌路面電車ループ化(IATSSの学会賞)2018年04月13日 22時32分

IATSS(国際交通安全学会)の平成29年度研究調査報告会
ならびに学会賞贈呈式に参加しました(於:経団連会館)。

(私が昨年度加わっていた2つの研究調査プロジェクトは、
あいにく今回の発表テーマには選ばれませんでした。)

学会賞の業績部門では、路面電車をループ化した札幌市と、
駅前空間に100メートル道路を創出した大分市・大分県が
受賞しました。

そのうち札幌市の取り組みが光っていたので紹介しましょう。

札幌市では2015年(平成27年)12月20日(日曜日)から、
市電(路面電車)をループ化(環状化)しました。
ループ化された路線では、軌道を両側の歩道寄りに敷設する
「サイドリザベーション方式」を採用しています。
それによって利用者は歩道から直接路面電車に乗り降りする
ことができます。

ループ化は「西4丁目」と「すすきの」の停留所間の
約400mの路線をつないだことで実現しました。
この区間を電車が運行するのは、1974年(昭和49年)に
同区間が廃止されて以来42年ぶりのことだということです。
(路線図の出典:札幌市交通局ホームページ)

サイドリザベーション方式停留所により車いすでの乗降が
しやすくなり、車いす利用件数が増加。
(図の出典:札幌市ホームページ)
札幌市の発表によれば、路面電車利用者数は対前年比で
1日あたり2,000人を超える増加となっています。
路面電車の利用頻度も増加しているとのことです。

「路上駐車や荷さばき作業ができなくなり不便」
「自転車が通行しにくくなった」などの課題も生じている
とのことですが、官民が連携して、より良い方向性を探って
いっていただきたいと期待しています。
路面電車によって札幌市に新しい魅力が加わったことは
間違いありません。
今度札幌に出かけたら、路面電車でひとまわりしてみよう
と思ったことでした。

甲州お花見紀行2018年04月07日 19時51分

4月某日。
某通販サイトの無料バス旅行「甲州お花見紀行」(昼食付き)
に招待されました。

なぜか2年前にも招待された無料バス旅行です。
(2016年6月小田原城。)

そんなにお得意さんでもないのに不思議です☀☀

山梨は桜も桃も菜の花も見事に満開でした。
旧勝沼駅の跡地にできた「甚六桜公園」には満開の桜の
巨木が連なっています。

公園には昔のプラットホームも残されています。
駅名標(?)には「えんざん」という駅名も書かれています。

左後ろのちょっと高いところにある線路が今の中央線。
新しい駅舎「勝沼ぶどう郷駅」は右後方にあります。
ずいぶん前、塩山市という市があり(現在は甲州市)、
そこのまちづくり委員を2、3年務めました。
塩山駅には特急が停まったので、通過駅である隣の駅が
勝沼ぶどう郷駅だったかどうかは分かりません。
「塩山」という名を久しぶりに目にしました。
何だか懐かしいなぁ・・・・
ハーブ庭園、甲州わさび漬けセンター、一宮桃源郷と
駆け足で回りました。
一宮桃源郷は桃の花と菜の花が満開でした。
私が一番好きな花畑は、なのはな畑。
子どもの頃の原風景です。
小さかった私のちょうど目の高さに、一面の菜の花の
黄色い世界がどこまでもどこまでも広がっていました。
忘れることができない美しい風景です。
たぶん下曽我あたり。