子どもを守ろうプロジェクトin山梨2018年10月26日 20時26分

全標協の社会貢献活動である「子どもを守ろうプロジェクト」
第10回全国大会が、山梨県甲府市の常盤ホテルにて昨日
(10月25日)開催されました。

子どもの命を犯罪・交通事故・災害から守ろうと、専門工事業
の技術者集団が地道に取り組んできたこの活動。
情報交換のために全国大会(スタート時は全国交流会)を開催
するようになって10年になります。
開催実績をパワーポイントにまとめてみました。

この活動の優れた点は、以下のようにまとめられます。

今大会には、山梨県知事の代理として県土整備部長の垣下禎裕様、
山梨県警察本部長 原 幸太郎様のほか甲府市長、甲斐市長、
韮崎市長などそうそうたる方々が来賓としてご臨席されました。
甲府市、甲斐市、韮崎市のいずれの市でも、山梨県協会が
通学路の安全対策工事や、子どもたちと一緒に安全啓発シートを
貼る活動をしてきたということです。

埼玉県、長野県、愛知県の活動報告と、各県から参加した方々の
活発な意見交換と続き、最後に私が総評を行いました。
初めて参加されたという方も多く、非常に感銘を受けた。
地元に帰って、自分たちもできる形でこのような活動をしたいと
発言されてました。
山梨県協会の皆さま。大会の準備さぞ大変だったことでしょう。
ありがとうございました。
なお来年の第11回大会は鹿児島で開催されることになりました。

最後に、昨年の広島市での第9回大会の集合写真を掲載します。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック