台風19号2019年10月15日 20時15分

台風19号は各地に大きな被害をもたらしました。
皆様の地域はいかがでしたでしょうか。

河川の堤防の決壊や土砂災害により、高速道路も鉄道も
あちこちで寸断されています。
全標協で17日に臨時三役会議が開催される予定でしたが、
中央道、中央本線、新幹線のどれもが、通行止めや運転
見合わせ等で清水会長が東京に出てくる手段がなく、
延期となりました。

今回の台風では試験湛水中の八ッ場ダムが利根川水系の
被害を最小化したと話題になっています。

これに対し、八ッ場ダム本体工事の中止を求めて活動して
いる市民団体などでは、八ッ場ダムの治水効果は下流に
行くほど減衰していくので、今回の八ッ場ダムの洪水貯留
がなくても、利根川の中流下流の水位はそれほど上昇しな
かった(つまり治水効果はさほどない)と主張しています。
ダムの建設より、河川整備計画に沿って、河道の維持
(河床掘削作業)に努めるほうがはるかに重要だと。

しかしながら、実は国交省(関東地方整備局)自身でも
「この降雨により(中略)ダムの貯水池は(略)約54メー
トル水位が上昇しました。」
と、事実のみの発表で、洪水調節効果については何の
公式見解も述べていません。

交通安全事業でもそうですが、対策の効果検証は
「対策前」、「対策後」(with-without:施策をした場合と
しなかった場合)の科学的で客観的なデータに基づいて
比較しなければ何の説得力もありません。

八ッ場ダムの事業継続は、専門家が技術的な事業評価
の作業を積み上げて招いた結論です。

八ッ場ダム工事事務所のホームページには、
八ッ場ダムの目的として、「1. 洪水調節」、
「2. 流水の正常な機能の維持」、
「3. 新規都市用水の供給」、「4. 発電」を挙げています。

さて、台風19号は記録的大雨になりました。

こういう時はネットで河川の状況をチェックします。
10月12日19時40分現在の河川洪水、水位情報です。
(図の出所:Yahoo Japan ウェブサイト)
この図に使われている「色」は、土砂災害発生の危険度と
リンクしています。

4段階の色とその意味するものについて、3年ほど前に
講演で説明した図があるので、下記に引用します。
(下記2つの資料の出所は気象庁)

メッシュの色と避難行動は以下のようになっています。

黄色は「注意」、赤は「避難準備情報」、紫は「避難勧告」、
そして濃い紫は「避難指示」です。

12日にスマホに次々届いた「緊急速報」も、
「警戒レベル3(避難準備・高齢者等避難開始)」、
「警戒レベル4(避難勧告発令)」、
「警戒レベル4(避難指示⦅緊急⦆発令)」、
「警戒レベル5(災害発生情報発令)」という順でした。

天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典2019年10月08日 20時15分

11月9日(土)に、天皇陛下御即位をお祝いする
国民祭典「祝賀式典」が皇居前広場などにて
執り行われます。

第1部は「奉祝まつり」で祝賀パレードほか。
第1部はどなたでも参加できるようです。

第2部は「祝賀式典」で、皇居二重橋前の特設舞台
で行われます。
こちらは招待客のみの参加だそうです。

芸能界や経済界などの著名人からの祝辞が披露された
あと、オーケストラ、辻井伸行さんのピアノ演奏で「嵐」
が「奉祝曲」を歌う、ということで話題になっています。


招待客は3万人で、皇居前広場に設けられた参加者席に
着席しての式典というスタイルです。
3万人のうち1万人が一般から公募で選ばれた招待客と
なります(公募枠の抽選結果発表はこれかららしい)。

このようなおめでたい席には縁がないことだと思って
いたのですが、何と全標協の清水修一会長の代理で
副会長の私がご招待を受けることになりました。🌼
しかも「来賓 役員席」です。
びっくりです。😃😃
一般の招待客とは、ゲートも別で、ゲートからは送迎バス
での案内になると説明されています。
「役員ご招待」の案内図は、一般向けに公表されている
上の図と違いますね(下図)。

席は特設舞台の真ん前ではありませんか。
なんと光栄なことでしょう。

9日は古川修先生のライブに行くつもりでしたが、
時間的に無理そうですので、先生にはメールで
残念ながら欠席の旨、お伝えしました。

このようなご招待を受け、身にあまる光栄に存じます。

久保寺敏郎さんコンサート2019年10月06日 23時22分

小田高同期のチェリスト&建築家の久保寺敏郎さんと、
ピアニストの久保寺美帆さんの、チェロ+ピアノ
第12回コンサートにいってきました。
演奏会場は秦野市文化会館小ホール


今回の演目は
バッハ       ガンバ・ソナタ 3番(ト短調)
ボッケリーニ   チェロ・ソナタ 6a (イ短調)
ヴィヴァルディー  チェロ・ソナタ RV40(ホ短調)
など、バロック時代の作曲家を中心にしたものでした。

演奏風景をスマホで写したのですが、うまく撮れて
いません。
デジカメを持っていけば良かった。

心にしみる素晴らしい演奏をありがとう。

明日までに仕上げなければならないパワーポイントが
あって、残念ながらきょうは二次会には参加せず帰宅。

今月の同期会でまたお会いしましょう。

富山2019年10月03日 19時24分

全標協の東ブロック会議で富山へ(10月2ー3日)。
初めて北陸新幹線に乗りました。

久しぶりの富山は、駅前がずいぶん変わっていました。
富山の薬売りの像。
富山の委員を務めていたので、街の中の風景は懐かしい。
お城のそばの駐車場。

水に浮いたように見えることから「浮城(うきしろ)」とも
呼ばれている富山城。


会議はお城に面したANAクラウンプラザホテル富山にて
滞りなく終了しました。

自動運転の技術開発2019年09月27日 23時21分

25日のIATSSの催しにて、久しぶりに古川修(よしみ)先生
にお目にかかりました。

夏にライブのご案内をいただいたのですが、所用があって
行かれず残念でした、と申し上げたら、また11月9日に
「アロハステーション」でカントリー音楽のライブを予定して
いるとのこと。
前回のライブが楽しかったので、ぜひまた参加したいと
思っています。

古川先生がつい最近出された著書です。

『自動運転の技術開発 その歴史と実用化への方向性』
グランプリ出版

 

八重洲再開発2019年09月25日 23時10分

IATSSの催しのため、八重洲(住所は京橋)にある会議室に
行きました。
ビルの名は「TKPガーデンシティPREMIUM京橋」といい、
会議室はビルの22階にあります。

八重洲近辺は再開発計画がめじろ押し。
下図は東京駅周辺における都市再生プロジェクト
(図の出典は「日経アーキテクチュア」2017/2/16)

TKPガーデンシティへの案内図(下の図)を見ると、八重洲
再開発計画との位置関係がよく分かります。
この辺り、高層ビルだらけになるんですね・・・
IATSSと本田財団の本拠地であるホンダ八重洲ビルも
八重洲2丁目ですので、数年後取り壊しになるようです。

TKYガーデンシティ22階から見た夜景。
左のビルが「パシフィックセンチュリープレイス」
その右が「グラントウキョウサウスタワー」
右下に東京駅が少しだけ写っています。
ホンダ八重洲ビルは、(もちろん写っていませんが)、
画面の左下(足元)の位置となります。

数年後には目の前に再開発の高層ビルができるので、
今こうして見えているパシフィックセンチュリープレイス
などは物理的に視界に入らなくなります。
「この夜景を見られるのは今だけ」
と聞いて、思わず写しました。

本田賞授与式の案内状2019年09月21日 20時02分

本田財団より、2019年本田賞授与式及び受賞記念講演
のご案内が届きました。

2019年11月18日(月) 帝国ホテル東京

(本田賞授与式は、毎年本田宗一郎さんの誕生日
 である11月17日前後に行われます。)

光栄なことです。もちろん喜んで出席いたします。

本年の受賞者は、トロント大学(カナダ)名誉教授の
ジェフリー・E・ヒントン博士です。
受賞理由は「〜AI(人工知能)の広範囲な分野への
応用の道を拓いた先駆的研究と実用化への貢献〜」
です(プレスリリース)。

本田賞のご案内によれば、ヒントン博士は、AI (人工知能/
Artificial Intelligence) の機械学習手法の一つである
深層学習(ディープラーニング)の精度を飛躍的に高める
誤差逆伝播法(バックプロパゲーション)をはじめ、AI を
実用化に至らせた数々の技術を考案してきました。
AIは科学技術の発展のみならず、高度な交通システムの
構築をはじめとした安全・安心な社会の実現、さらには
エネルギーや気候変動といった人類が抱える地球規模の
あらゆる問題を解決するうえで重要な役割を果たすことが
期待されており、本田賞にふさわしい成果であると考えられ
受賞が決定したとのことです。

ジェフリー・E・ヒントン博士:写真は本田賞授与式のご案内より

自動車産業の未来2019年09月17日 22時30分

本日開催の「本田財団懇談会」は、専修大学経済学部
中村良明教授による講演でした。

「CASE、MaaSで変わる自動車産業の未来」

と題して、興味深いお話を伺うことができました。

CASEは未来のクルマのキーワード。
Connected(コネクテッドカー)、
Autonomous(オートノマス 自動運転車)、
Sharing(シェアリング)、
Electric(電気自動車)
の頭文字をとったものです。

コネクテッドカーの定義は「通信機能を内蔵し、
インターネットなどを活用して常に双方向で車外と
情報をやり取りできるクルマ」です。
5Gの導入とともに用途が広がっている、ということです。
(たとえば、クラウドから地図情報を入手したり、
周辺の情報を周辺のエッジから入手したり、
車内で得た情報をそれらにフィードバックするなど)

MaaSは、Mobility as a Service の略。
欧州MaaS Alliance による定義は
「様々な種類の輸送サービスが需要に応じて利用できる
単一のサービスに統合されたもの」
中村教授は、もう少し広義にとらえて、
ユーザーに円滑な移動を提供するとともに、移動型店舗
など様々なサービスを提供すること、としています。

MaaSには「都心型」「郊外型」「観光型」「過疎地域型」の
4つの類型があります。
「都心型」としては、「my route」(福岡市:トヨタ、西日本
鉄道)やチョイソコ(豊明市:スギ薬局、アイシン精機)
の事例が、
「郊外型」としては、オンディマンドの相乗り小型バス、
事例として東急電鉄郊外型MaaS実証実験(たまプラーザ
駅北地域)などの紹介がありました。

自動車メーカーも、これまでのガソリン・エンジンを基本と
した系列から、電子部品やAI技術、IoT技術、ソフトウェア
などの新たな技術が加わり、電気自動車を基本とした
体制へと変容していくことになるでしょう。

今日は自動車メーカーの技術者も大勢きていらしたようです。
懇親会(立食です)の同じテーブルの方もホンダのOBで
本田宗一郎さんと一緒に仕事をしたときの思い出話を
たっぷりと聞かせていただきました。
(宗一郎さんのことは、今でも「社長」でなく「オヤジさん」と
呼んでいるとのこと)

本日のお話は、後日NHKラジオでも放送されます。
放送日は2020年3月1日

遠藤芳郎様 黄綬褒章受章を祝う会2019年09月11日 22時26分

全標協の前会長の遠藤芳郎様が、令和元年度春の褒章で
黄綬褒章を受章されました。

黄綬褒章とは、「第一線で業務に精励している」方で、
「他の模範となるような技術や業績を有する」方に、天皇陛下
から授与される栄典です。

遠藤様は既に5月30日に天皇陛下に拝謁し、陛下から褒章を
授与されています。
全標協広報「トラフィックサポーター」の本年7月号にも
ご寄稿いただいています。

本日(9月11日)、全標協清水修一会長、光吉延博副会長、
信号器材(株)細井孝一専務取締役が発起人となり、
「遠藤芳郎氏黄綬褒章受章を祝う会」が開催されました。
会場は新横浜プリンスホテルです。🏨🏨
会場には標識関係の人はもちろんのこと、神奈川県庁のOBの
方など、大勢の方がいらしてました。

(神奈川県庁のOBの方は、なんと昔私が委員を務めた
「かながわロードオアシス」の担当者だったそうで、
あちらから声をかけてくださり、びっくりしました。
かながわロードオアシスは、神奈川版「道の駅」です。
わが国で「道の駅」が導入される前、国に先がけ
神奈川県で「道の駅」的なものを検討し、まず箱根に
「ロードオアシス」という名称で整備したのです。
その頃、岐阜に住んでいたのになぜか神奈川県から
委員就任の依頼が来て、ふるさとに貢献できると、大変
嬉しかったことを覚えています。)

「祝う会」は温かな雰囲気の中で進められ、遠藤前会長の
お嬢さんが、ご友人と演奏をされることになりました。🎹
お嬢さん(お名前を伺いそびれました)は、ピアニストと
して活躍されています。
バイオリンとチェロの方も、心のこもった演奏で、素晴らしい
ハーモニーを奏でてくださいました。🎼🎻🎹
やはり生演奏は良いですね。

信号器材株式会社からのサプライズプレゼント。
受章をお祝いしての特製ケーキです。
お二人で力を合わせて入刀です。

明るくて、ほんわかしていて、本当に素敵なご家族です。

改めまして、遠藤芳郎さま。
この度は黄綬褒章の受賞、誠におめでとうございます。
これからも、業界のみならず、わが国の交通の安全の
ためにご尽力くださり、変わらずのご指導をどうかよろしく
お願い申し上げます。

台風15号2019年09月09日 20時57分

先週はいくつか打ち合わせがあり、バタバタしているうちに
Yがロサンゼルスから帰国する日になってしまいました(7日)。
あっという間の1週間でした。

台風15号が日本に接近しているので、何とか帰国の日に
ぶつからないよう祈っていました。

記録的暴風の台風が関東直撃という予想です。

上の図:台風15号発生を知らせる日テレのニュース
     そらジロー より

かろうじて、台風が来る前に帰って来ることができました。
充実した研修だったようで、ホッとしました。

最大瞬間風速50m/s以上ということですので、昨夜は台風への
備え。ベランダにあるこまごましたものを部屋の中にしまい
懐中電灯なども用意。
台風情報も折々チェックしてました。
下図:NHK NEWS WEB (ニュース特設 台風情報)より

関東(千葉)を直撃した台風15号は、各地に大きな被害を
もたらしています。
街路樹、電柱、送電塔、ゴルフ練習場のネットと鉄柱、まさかと
思うようなものが強風で倒されています。
窓ガラスが壊れ、屋根も飛んでしまった店や民家。
これからさらに被害が明らかになってくることでしょう。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

首都圏の鉄道各社は、昨夜から「計画運休」を発表し、
今朝は始発からほぼ全ての鉄道が「運転見合わせ」でした。

報道によれば、成田空港は鉄道もバスも都心へのアクセスが
断たれ、まさに陸の孤島になってしまいました。

ようやく動き出した京浜東北線ですが、昼過ぎても蒲田駅では
上り(東京方面行き)はホームへの入場規制が実施されて
いました。
中央改札前も南改札(東急側)前も長蛇の列ができていました。