自転車活用のまちづくりセミナー2017年07月31日 23時07分

(一社)全標協、(一財)国土計画協会、㈱時評社主催の
「モビリティを活用したまちづくりセミナー」が
機械振興会館(港区芝公園)にて開催されました。
テーマは「自転車活用推進法への期待と展望」です。

昨年12月、自転車活用推進法が成立・公布され、
国交省に「自転車活用推進本部」が設置されました。

セミナーの講師は国交省の大野昌仁氏、前法務大臣岩城光英氏、
茨城県の盛谷幸一郎氏、愛媛県の坂本大蔵氏、パシフィック
コンサルタントの神尾敬氏、全標協の本多茂氏、そして
衆議院議員の金子恭之氏でした。

自転車活用推進法は衆・参とも全会一致で可決した議院立法。
自民党から共産党まで一緒に超党派で取り組んでいます。

茨城県は「日本一のサイクリングエリアの形成を目指して
ーつくば霞ヶ浦りんりんロードを活用した地域振興方策ー」

愛媛県は「自転車新文化の推進について」と題し、
それぞれ興味深い内容のお話をされました。
愛媛県の報告をする坂本大蔵氏。
スライド右下の「タンデム自転車の走行」については、まさに今
私がIATSS(国際交通安全学会)で大阪市大大学院の吉田長裕
准教授をリーダーとする研究プロジェクトで取り組んでいる
テーマの一つです。

参考までに研究プロジェクト名は「こどもの自転車交通
モビリティプログラムの開発とその障がい児への展開」

私たちの研究チームは今年11月25日に愛媛県で
「障がい児の自転車モビリティワークショップ」を
開催する予定です。
その中で「NON(のん)ちゃん倶楽部」による障がい児の
タンデム自転車講習会の見学もすることになっています。

「NONちゃん倶楽部」は松山市にあり、障害のある人と
健常者がタンデム自転車で一緒にサイクリングする活動を
しているのです。

大人が二人乗り可能なタンデム自転車は、日本では各都道府県
公安委員会の交通規制による制限があります。
2017年4月現在、タンデム自転車が公道全般を走行できるのは
16府県で、四国では愛媛県のみとなっています。

英国の研究協力者からの資料では、正式な制度ではないものの
英国では障害者向け自転車教育の指導員教習を行っています。
ネットで調べるとInclusive CyclingTraining にはいろいろな
プログラムがあります。
トレーニングで使用している自転車も数多く紹介されています。
(この写真は We are cycling UK より引用)

自転車に乗れないと生活ができないオランダでも
タンデム自転車がかなり普及しているようです。
(写真出典:Accessible Travel Netherlands)

奥野信宏理事長を囲む会2017年07月25日 22時13分

特定非営利活動法人 防災情報研究所が「奥野理事長を囲む会」
を企画したので、参加しました。
会場は平河町にある北海道料理ユック「はまなす亭」です。

奥野信宏理事長(元中京大学教授・理事:今年4月からは
名古屋都市センター長)が5月に国土審議会の会長に再任
されたので、お祝いを兼ねての飲み会です。


奥野理事長とは、私が岐阜にいるころから各種シンポジウム等
でご一緒させていただいていましたので、近年のめざましい
ご活躍ぶりを心から嬉しく思っています。

きょうは筑波大学の西本晴男教授は不参加でした。
先日訪問した根府川駅構内の関東大震災の慰霊碑の話が
できなくて残念でした。

昔のチラシ。
「伊勢湾口道路シンポジウム」
(女性が語る伊勢湾口道路への期待)
平成11年(1999年)1月28日:名古屋東急ホテル
基調講演:「伊勢湾口道路の整備効果」
 奥野信宏 名古屋大学経済学部長
パネルディスカッション:
 「女性が語る伊勢湾口道路への期待」
パネリスト:石川百代(日本ジュースターミナル㈱業務部長
      生内玲子(交通・旅行評論家)
      松村みち子(タウンクリエイター)
      水尾衣里(名古屋女子文化短期大学助教授)
コーディネーター:奥野信宏

登録基幹技能者講習閉講式(富士宮市)に2017年07月23日 13時30分

今週は全標協の人づくり事業の1つである「登録基幹技能者
講習」が富士宮市根原にある「富士教育訓練センター」にて
開催されました。


富士教育訓練センターは、建設現場で働く
技術者・技能者のための教育訓練施設です。

1997(平成9)年から教育訓練事業をスタートさせたので、
今年でちょうど20年になります。

ここの敷地はもともと建設省(現国土交通省)の建設大学校
静岡朝霧校があったところです。
跡地開発の一環として2000(平成12)年3月には隣接地に
「道の駅朝霧高原」がオープンしました。

富士教育訓練センターに行くには、新幹線「新富士」駅から
路線バス「富士山駅行き」に乗っておよそ1時間。
「道の駅朝霧高原」下車です。
(このバスは1日4往復しかありません。)

7月22日。9時45分発のバスに乗って、11時10分ごろ到着。
標高900mですが、ここまでヘアピンカーブもなく、
道も広いためツーリングには最適。
大勢のライダーが一休みしていました。
味わいのある案内表示

良い天気で、本来ならば建物正面の右奥に富士山が大きく
見えるのですが、あいにく雲で富士山は見えません。
ちなみに訓練センターの右側が「道の駅朝霧高原」です。

登録基幹技能者講習は、週の前半が路面標示、後半が標識と
続けて開催されました。
私が出席したのは「標識」のほうの閉講式です。
参加された受講生は最後に認定試験があり、閉講式は
そのあと行われました。
私はあいさつと、受講生の代表の方に「修了証書」の授与を
させていただきました。

あいさつ要旨(次回以降のための自分用のメモです)

平成29年度第1回登録(標識)基幹技能者講習の閉講式に
当たり、全標協の副会長としてひと言ご挨拶を申し上げます。

皆様におかれましては連日の猛暑のなか、基幹技能者講習と
認定試験に臨まれ、大変お疲れさまでございました。

今回皆様が学ばれました登録基幹技能者講習は、全標協が
最も力を入れております3つの重要な資格の1つでございます。
3つの資格とは「登録基幹技能者」、「路面標示施工技能士」、
そして「道路標識設置・診断士」でして、全標協の人づくり
事業の柱となっているものです。

中でも3資格の中核と位置づけられますのが、今回の
登録標識基幹技能者講習です。
講習を修了し認定試験に合格しますと、登録基幹技能者として
一般財団法人建設業振興基金のデータベースに登録され、
工事施工現場において中心的な役割を担っていくことになります。

資格者を抱える企業は入札時の加点制度等を通じて受注面で
有利な位置に立つことも可能となり、ひいては大きくわが国の
交通安全の実現に貢献することともなっております。

今回めでたく基幹技能者の資格を手にされましたならば、
この資格をばねにして、後進のご指導と、施工される標識・
標示の品質向上に貢献していただきたいと祈念しております。
また、もしもまだ全標協の会員となっていない企業の方が
いらっしゃったら、ぜひとも入会していただき、安全で円滑な
交通環境づくりに向けて、私たちと一緒に汗を流していただき
たいと切にお願いするものでございます。

最後になりましたが、今回の講習でご協力をいただきました
富士教育訓練センター様、ならびに関係の講師、スタッフの
皆様には、高い席からではありますが心から厚く御礼を
申し上げてご挨拶とさせていただきます。
平成29年7月22日 一般社団法人全国道路標識・標示業協会
副会長 松村みち子

全標協の新ロゴが決定2017年07月07日 21時46分

全標協は昨年で創立40周年を迎えました。

40周年記念事業の一環として、会員から新しいロゴを募集
しましたところ多くの方から応募がありました。
慎重な審査の結果、新しいロゴは下記のものに決定しました。


また、道路標識や標示の工事がどのように行われるのかを
5分ほどにまとめたプロモーションビデオも作成し、
全標協のホームページから見られるようになりました。
新しいロゴはまだ決定していませんでしたので、
ビデオで使われているのは古いロゴです。

高校生や大学生などにもぜひご覧いただき、職業選択の
参考にしていただければ幸いです。

全国道路標識・標示業協会プロモーションビデオ

英語併記の新標識2017年07月01日 21時23分

本日(2017年7月1日)改正標識令が施行されました。

標識令とは、正式名称「道路標識、区画線及び道路標示に
関する命令」(昭和三十五年十二月十七日総理府・建設省令
第三号)の通称・略称です。

標識の基礎知識については過去ブログに記載していますので
そちらをご覧ください。

標識の話

今回の改正の概要は以下の通り。
(1) 英語を併記する規制標識「一時停止(330-A)」の追加
 規制標識「一時停止」について、「止まれ」の日本字の
 下に「STOP」という英字を併記する。
(2) 英語を併記する規制標識「徐行(329-A)」及び
 「前方優先道路(329の2-A)」の追加
 規制標識「徐行」及び「前方優先道路」について「徐行」
 という日本字の下に「SLOW」という英字を併記する。

改正標識令が施行された本日、早速全国各地で新しい標識が
設置されたニュースが報道されました。
「止まれ」標識は全国におよそ170万カ所ある一方で、
「徐行」は1,000カ所ぐらいしかないので、報道のほとんど
は「止まれ」標識のものでした。
下記は日本経済新聞の記事
参考までに国土交通省平成29年4月13日 報道発表資料
「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部を
改正する命令案」について
〜「徐行」の標識に英字「SLOW」を併記します〜

公開されている「徐行」の画像

防災訓練とガーデンパーティ2017年06月25日 16時40分

マンションにて、防災訓練&ガーデンパーティを実施しました。

当マンションにはわりと広めの中庭があり、居住者の交流を
深めるために、数年ごとにガーデンパーティを開催しています。
昨年は全エレベーターの改修工事に数ヶ月かかったため、
ガーデンパーティまではとても手が回りませんでした。

ということで、2年ぶりの開催となります。

梅雨どきなので心配していたのですが、あいにく雨となって
しまいました。
雨なら、狭いけれど玄関ホール、ならびに2階の集会室を
利用するしかありません。

今回は大田区役所の協力を得て、ガーデンパーティの前に
防災訓練を行うことにしました。
区役所の方と打ち合わせをして、区の訓練メニューの中から
選んだのは、「煙体験ハウスによる火災時の避難訓練」と
「防災講話」です。

当初、「煙体験ハウス」は中庭に設置する予定でしたが、
区役所の人が玄関のエントランスに屋根がついているのを
見て、「自動ドアを全開にして、ここにしましょう」と。
こんな良い場所があったなんて目からウロコです。
こちら側から入って、
こちら側に出ます。

私も体験してみました。
ハウスの中はドライアイスのような真っ白な煙が充満し、
前が全然見えません。

煙体験のあとは「防災講話」。
ホールいっぱいにイスを並べたら、70席以上になり、
理事などを加えると90名以上が聴講しました。
雨天なのにこれほど大勢の参加者になるとは予想もして
いませんでした。

 (その後のガーデンパーティでは裏方としての用事に
  忙殺されたため、写真はありません。)

さて、当マンションでは何年か前に駐車場の入り口付近に
「防災井戸」を設置しました。
この防災井戸が、先ごろ大田区の「災害時協力井戸」に登録
されました。

区のホームページによると、「災害時協力井戸」に登録できる
のは、次のすべてに該当する場合だとのこと。
1 日常的に井戸水を使用しており、近隣の方にも利用しやすい
 場所に井戸がある。
2 災害時に近隣の方へ無償で井戸水(生活用水)を提供できる。
3 井戸所有の事実を、災害対策上必要な範囲で自治会等へ事前に
 公表することができる。

防災用の「地域安全マップ」には、このような「災害時協力
井戸」の場所も記入して周知しておくことが大切です。

本日は皆さん、お疲れさまでした。
区役所の方には大変お世話になりました。
ありがとうございました。

マンション理事2017年06月16日 20時16分

一昨年の9月から、輪番制ではありますが、マンションの
理事をやっています。

昨年8月の総会で、これまで1年だった理事の任期を2年に
延ばすことにしました。
立候補の理事はともかく、毎年1年で全員の理事が交代して
いたら、重要な案件の引き継ぎがうまくできないことが
分かったからです。

昨年は、任期1年のつもりで引き受けた理事もいらしたので
とりあえず半数だけ残ろうということになり、
私も残り組になりました。

活動場所がマンション内なので、何とか時間をやりくりして
参加してきました。
で、8月で任期終了。もう少しです。

6月は神社の祭礼があり、町内が非常に盛り上がります。

6月10日にわがマンションでは駐車場で町内会の
子ども神輿の接待をしました。
前日からの準備(お菓子の袋詰めや飲み物の買い出し他)、
当日の準備(机やイスの用意、飲み物を冷やす他)までは
参加できたのですが、夕方から急な会議が入り、
神輿がくる直前に退席させていただきました。
マンションを出たところで出会った大人神輿。

山本さん・・・2017年06月12日 19時57分

日経速報メールで山本忠人さんの退任を知りました。

全標協総会2017年05月24日 14時31分

昨日、全標協の第54回通常総会が
グランドアーク半蔵門にて開催されました。
今年は役員改選の年にあたり、新役員の選考の結果、
清水会長、光吉副会長、新美副会長、そして私も副会長に
再任されました。
東京オリンピックを控え、規制標識や案内標識の英語表記や、
「一時停止」と「徐行」標識の様式の新設、
「高速道路のナンバリング」などの動きが始まっています。
意見交換会には例年になく大勢のご来賓が参加され、
非常に活気ある総会、意見交換会となりました。

根府川駅構内の慰霊碑訪問2017年05月22日 21時13分

1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災で、
忘れてならない列車事故があります。
根府川(ねぶかわ)駅列車転落事故です。

その当時、東海道本線は国府津(こうづ)から箱根の外輪山を
迂回する形で沼津に抜けていました。
現在の御殿場線に相当します。

1934年(昭和9年)に熱海ー函南(かんなみ)間に
丹那トンネルが開通し、それ以降、東海道本線は、
国府津ー小田原ー熱海ー函南ー三島ー沼津のルートに
なったのです。

現在の東海道本線と御殿場線の路線図です。
(画像提供:ヴァル研究所 「notte!」様)
なお、ヴァル研究所様から、上記画像は旧版の路線図なので
新しい路線図をお送りしますということで、下記路線図を
ご提供いただきました。
重ね重ね御礼申し上げます。
関東大震災が発生した当時、根府川駅を通っている鉄道は
熱海線で、国府津駅から真鶴駅まで延伸していました。
その熱海線根府川駅のホームに、東京発真鶴行列車(蒸気
機関車)がさしかかったちょうどそのとき、地震が発生し、
客車も機関車も海側に脱線転覆してしまったのです。
さらに根府川駅の裏山が崩れ、土石流が発生しました。
列車は真下の海(相模湾)に転落し、海中に沈みました。
土石流は根府川の駅舎や構造物、駅にいた旅客や駅員も
飲み込み、海に押し流しました。

本震の4分半後の余震でも大規模な土石流が発生しました。
この土石流は根府川駅のすぐ南側を流れる白糸川に
架かっていた鉄橋を橋台ごと押し流しました。
根府川地区の住民は本震の5分後に押し寄せた津波と、
土石流とにはさまれ、多くの人が犠牲になりました。

(根府川地区は当時「足柄下郡片浦村」で、私が生まれた
「足柄下郡国府津町」と同じ日=1954・昭和29年12月1日
に小田原市に編入されました。)
ということで、根府川の土砂災害は小田原市民としては
本当に身近で起きた大災害という認識なのです。

さて4月27日に私が理事を務める特定非営利活動法人
防災情報研究所の理事会、総会がありました。
同じく理事の西本晴男筑波大学大学院教授と歓談していたら
「根府川駅の構内に関東大震災の慰霊碑があるんだけれど、
訪問したことありますか?」と尋ねられたのです。
西本教授の専門は環境防災学で、中でも土砂災害を
メインに研究されています。
著書に『「土石流」のはなし』(社団法人 全国治水砂防協会)
があります。

これまで何十回となく根府川駅を通っているのに、慰霊碑を
見たことは一度もありません。
というか、全く気づきませんでした。
そこで、20日に小田高のクラス会に行く前に、根府川駅まで
足を延ばしてみました。
ホームのどこにも慰霊碑はありません。
根府川駅から見る相模湾は絶景です。
下り線ホームの一番東京寄りです。
すぐ下に相模湾が広がっています。
東京〜熱海間で一番眺めの良い駅ではないかしら。
これでは土石流に襲われたら海に転落するしかないですね。
階段を上って跨線橋を渡り、改札に向かうと無人駅でした。
無人駅とはびっくりです。
線路の向こうに広がる相模湾。
そして、ありました。改札口のすぐ横に慰霊碑が。
「関東大震災殉難碑」
昭和48年9月1日に建立されたようです。
白糸鉄橋を渡る列車と蒸気機関車の写真も飾られていました。
西本教授から情報をいただかなければ、慰霊碑の存在も
知らないままでした。
帰宅して早速西本教授にメールでご報告しました。